赤ちゃんのCM(オムツのCMなど)を撮影するには裏にたくさんの苦労があるんです。

赤ちゃんCMには、間違いなく「影武者」を抱えている!?

こういった笑顔して貰えるように、大勢の人の努力やオリジナリティがあるんです。

赤ちゃんのオムツCMを見るたび、「ああいった賞嘆されるべき笑顔、どうやって撮るのかなぁ」と思わぬことだとなる。

赤ちゃんCM

なにせ赤ちゃんとアニマルは、思った通りに行かないもの。泣き叫んだり、不機嫌になったり、すぐゲンナリしてしまったりするケースで、どういった風に収録していらっしゃるか。

数えきれないくらいの赤ちゃんタレントが加入する「テアトルアカデミー」に小耳に挟んだ。

 

「赤ちゃんの撮影は、いくら頑張っても赤ちゃんの機嫌にマッチするようにとなるに違いありませんよね。

おなかがすいたり、フトンに入りたくなったり、ウキウキ気分が低下したりするので、お休みなしの撮影は当然ムリだと感じますし。

そういう理由から、オムツCMなど、赤ちゃんが中心となって見い出せるものは、一人の赤ちゃんで収録するケースがあまり見られなくて、ほぼほぼ2~3人が臨戦態勢につく『ダブルスタンバイ(ダブルキャストのこと)』や『トリプルスタンバイ』なんですって」
はっきり言って、赤ちゃんメインのCMにおきまして、赤ちゃんダイレクトに撮影にのぞむと、とんでもない手間がもたらされ、スナップ撮影がフリーズしてしまうこともいろんなそう。

 

ドラマや映画で、ムーブメントシーンをスタントマンが行うのと一緒のといった風な感じであろうか。でも、「引き」で撮るのとはズレがあって、赤ちゃんCMはアップがたくさんあるが……。

ダブルスタンバイやトリプルスタンバイには、赤ちゃんの月齢が辺り、体のがたいがそっくり子や髪型が近い子などを採用します。

アップは当初からメインの子をうまく使い、これ以外の後ろ向きの折や、パフォーマンスまわっている場合などはウェイティングの子を使う等することでいるので、きちんと出来たCMを普通に見る分からすればわからないというわけです」

コスチュームや装飾であやふやな状態にできない、顔や体のシルエットがストレートに取り上げられている赤ちゃんでも、月齢や髪型を近づいのでしたら、スイッチされても感付かないものなのか……。

「また、赤ちゃんの録画には『ベビーハンドラー』と言われて、赤ちゃんの気配り係ないしは、赤ちゃん付きの専属担当従業員もいます」

赤ちゃんのコンディションや気持ちに思いやりつつ、スムーズに笑顔がかき立てられるのは、こういう類の「赤ちゃんの世話のプロ」の実現することが可能技だと耳にしました。

 

めちゃくちゃ人見知りする子なんかの場合は、どういう理由でいらっしゃるのか。

「ママさんから距離をとると泣いてしまう子のケースでは、すぐに芸能人さんに差し上げるとダメなので、まずマネージャーがお母さんのかわりにお手入れして、マネージャーに慣れっこになっていただきましておきます。そのようにして、お母さんから切り離して忘れ実施させておいてから、マネージャーからテレビタレントさんに明け渡すというワンクッション積み込んだ方法をはさみます」

ことに加え、赤ちゃんタレントならではの仕事として、「お尻部品タレント」といったものもあるとおっしゃる。

「あり得ないことかもしれませんが、メインの子を顔でチョイスすると、お尻に蒙古斑(もうこはん)が見られるというようなケースもあるんです。

でも、CMに取り上げられている子には蒙古斑はあるはずがありませんよね? お尻限定お尻パーツタレントの赤ちゃんに替えていますからです。

そういうわけで、オーディションでは『お尻もご披露していただきたいです』と頼む可能性が大きく、センターに外れ、ウェイティングにも外れたのもあっても、お尻部分で仕事を得ればいうことも想定されるんですよ」

赤ちゃんの賞嘆されるべき笑顔のCMは、ダブルスタンバイやトリプルスタンバイ、お尻部分タレント、赤ちゃん専任従業員さんやメディアマネージャーなど、バラエティーに富んだ人によって生み出された「奇跡の数秒」になるのです。

ついでながら、子役は経験値や才能、演技力の幅などが異なってくるというのと比べ、赤ちゃんタレントはどのような人も「新人」ということなのです。

どのような人でも挑戦でき、上手く行ったらどういった人でもテレビCMや専門誌に出られることが想定されるらしいので、関心を寄せている人は、わが子にチャレンジさせてみるといったことは?